智弁学園打ち勝つ 大阪桐蔭は初のセンバツ初戦敗退

視聴回数1,738,998

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<センバツ高校野球:智弁学園8-6大阪桐蔭>◇23日◇1回戦
智弁学園(奈良)が大阪桐蔭に打ち勝ち2回戦進出を決めた。
1回裏、無死満塁から犠飛と植垣洸外野手(3年)の適時三塁打で4点を先制。6回には無死一、二塁から鮮やかなバスターなどで3点を加えた。
先発の西村王雅投手(3年)は5回まで無失点。6回に失策絡みで2失点。7、8回にも失点したが、9回は小畠一心投手(3年)を投入して逃げ切った。
大阪桐蔭は自慢の投手陣の制球が乱れ8失点。6回以降打線が奮起し6点を返したが及ばず。近畿大会決勝のリベンジならず、センバツ12度目の出場で初の初戦敗退となった。