篠田麻里子がベストマザー賞「私自身一番びっくり」コロナ禍での出産も経験

視聴回数2,218,753

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

元AKB48で女優、モデルの篠田麻里子(35)が、「第13回ベストマザー賞2021」の「芸能部門」を受賞し、5月6日、都内で行われた授賞式に出席した。
19年2月に一般男性と「玄米婚」し、昨年4月に第1子となる長女出産を報告した。篠田は「今回の話をいただいて、私自身が1番びっくりしています」。コロナ禍での出産も経験し「見えないウイルスと、初めての出産の不安の中でした。わが子に会えた瞬間は感動という言葉では言い表せないくらい、ホッとしたというか、やっと会えたと思いました。医療従事者の皆さんにも感謝したい」と話した。
同賞は、一般社団法人日本マザー協会が「ママの多様性、子育ての多様性」をテーマに、08年から開催。今回はほか、政治部門を三浦瑠麗氏(40)、スポーツ部門を潮田玲子(37)、文化部門を蛯原友里(41)、芸術部門を蜷川実花(48)、特別部門を家政婦のタサン志麻氏(42)がそれぞれ受賞した。