渦中の阪神矢野監督は審判に猛抗議  緊急昇格の藤浪は中継ぎ登板で被弾

視聴回数2,847,448

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手(26)が、レギュラーシーズンではプロ1年目の13年4月7日広島戦(マツダスタジアム)以来、約7年ぶりに中継ぎ登板した。
先発ガンケルに代わり、5回から2番手で登板。2死から青木に中前打を浴びたが、この回は2三振を奪った。2イニング目の6回は、先頭の4番村上に内角高め152キロ直球をバックスクリーンへソロアーチを許した。後続は抑えたが、痛恨の勝ち越しを許した。
7回に自身の打席で代打高山を送られて降板。プロ8年目で2度目の中継ぎ登板は、2回2安打1失点3奪三振だった。藤浪は「慣れない中継ぎ登板でしたけど、ボール自体は悪くなかったと思うだけに、村上選
手へのあの浮いてしまった1球が悔やまれます。(中継ぎ登板は)CSや昨年フェニックスリーグでも経験していて、全くの初めてというわけではないので、試合に入っていけたとは思います」とコメントした。
チームでは24、25日に1軍4選手、2軍1選手、1軍スタッフ2人の計7人の新型コロナウイルス感染が判明。濃厚接触者2人と球団独自で濃厚接触者として扱った4人を含めた計10人の出場選手登録を抹消。その余波を受けて新たに2軍から呼び寄せた9人を登録し、計19人の大量入れ替えを行った。藤浪も25日に1軍へ緊急昇格していた。
救援陣では岩貞祐太投手(29)、岩崎優投手(29)、小林慶祐投手(27)、馬場皐輔投手(25)、ドラフト6位小川一平投手(23)の5人が登録を外れ、ブルペンが手薄になったことから、藤浪の中継ぎプランが実現した。
阪神矢野燿大監督(51)が珍しく声を荒らげ、審判に猛抗議した。
8回裏、ヤクルトの攻撃が始まる前のイニング間に投手交代を告げにいった矢野監督が、審判団と話すうちに口論に発展したもよう。井上打撃コーチ、清水ヘッドコーチも姿を見せ、審判団と話し込む姿が見られた。矢野監督は次第に声を荒らげ、約5分間にわたる猛抗議で、球場は騒然となった。