川口春奈エンポリオアルマーニ日本女優11年ぶり広告

視聴回数371,354

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

川口春奈(25)がエンポリオ アルマーニの2020秋冬広告キャンペーンのモデルに選ばれ、26日に都内で就任会見を開いた。エンポリオ アルマーニの広告ビジュアルへの日本人女優の起用は、2009年(平21)の黒木メイサ以来、11年ぶりで、デザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏自らが川口を選んだ。27日から世界同時公開される。川口は「うれしいですし、本当にビックリ。普段、自分はお芝居をしているので、まさかアルマーニさんに写真があるのは変な感じ。大丈夫か? みたいな、不安もありますけど、うれしい」と、アルマーニ氏自らのご指名に感激した。
イタリアのブランド「ジョルジオ・アルマーニ」が手掛けるエンポリオ アルマーニは、2020秋冬で「90年代に代表される意志が強く、大胆な女性~自然体でありながら強いまなざしを持つ女性」という女性像を掲げる。その世界観を伝えるために展開される広告キャンペーンビジュアルに、日本から川口が選ばれた。川口は、ブランドに対するイメージを聞かれ「格好良い、ちょっとお店に入りづらい、高根の花。大人のお店というイメージ」と語った。着て、どこに行きたいかと聞かれると「パーティーやレストラン。自分を見せつけたい」とイタズラっぽく笑った。
今後、やりたいことについて聞かれると「今は、いろいろなジャンルでお仕事させていただける機会がある。20代で場数を踏み、成長できるかなと思うので、たくさんの方々と出会い、よりたくさんのお仕事をさせていただければ」と抱負を語った。
そして、ブランドの本拠地イタリアでの撮影も熱望。「イタリア、行ったことがないので、ものすごく楽しみ」と期待した。