あれから1年…「志村どうぶつ園」4・3一夜の復活

視聴回数5,389,913

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

昨年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)の冠番組、日本テレビ系「天才! 志村どうぶつ園」が特番として1日だけ“復活”し、同タイトルで4月3日午後7時から2時間放送されることが19日、分かった。
同番組は04年4月にスタートし、志村さんが「園長」を務めた人気動物バラエティー。志村さんの死後も半年間放送は続き、惜しまれながら昨年9月に16年半の歴史に幕を閉じた。
志村さんの急逝から約1年。「あれから1年…志村園長の蒔いた種が花開いたよ! スペシャル」というサブタイトルで放送される。志村さんの遺志を引き継ぎ、後番組の「I LOVE みんなのどうぶつ園」でMCを務める嵐の相葉雅紀(38)、山瀬まみ(51)らレギュラーメンバーが半年ぶりに集結。志村園長の過去映像で思い出話に花を咲かせるほか、志村園長が番組で触れ合ってきた動物たちや、愛犬の「今」をVTRで見届ける。
9月の最後の放送では涙をみせた出演者たちだったが、今回は終始笑顔で収録が進んだ。スタジオのセットは取り壊されてしまったため、CG技術で再現されたセットを背景に、山瀬は「ねぇ、みんな久しぶりだね」と語りかけ、誰が一番多くロケに行ったか? という話になると、相葉が「それは…園長じゃないかなぁ」と予想するなど穏やかな空気が流れたという。
同局笹部智大プロデューサーは「志村園長が愛してやまなかった動物たちは、今も全国で命をつないでいっています。動物たちの元気な姿をご覧いただくことで、少しでも未来にむかって明るい気持ちになっていただけたらうれしいです」と呼び掛けた。
志村園長と日本全国を散歩した元捨て犬の「ちび」にはタカアンドトシが会いにいき、志村園長の故郷・東京都東村山市を散歩する。そして臆病な性格で初対面の人間が苦手だった元野犬の「ぽち」のもとにDAIGO(42)が訪れる。
志村園長の愛犬ゴールデンレトリバーの「チロ」の現在の様子が初めて明かされるほか、チンパンジーのパンくん、プリンちゃんなど縁深い動物たちが登場する。
さらに、市村正親(72)や西島秀俊(49)氷川きよし(43)DA PUMPのISSA(42)らのインタビュー映像も流れ、それぞれが「志村園長が教えてくれたこと」を語る。