自民岸田氏はカープ男子 黒田ユニで「必ず日本一」

視聴回数1,625,280

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

自民党総裁選に出馬表明している岸田文雄政調会長(63)が5日、党本部で日刊スポーツなどのインタビューに応じた。 選挙戦は菅義偉官房長官(71)が優位とみられ、厳しい戦いを迫られている。それでも、自身を将棋にたとえるなら王将、大ファンでもあるプロ野球の広島カープと同様に、日本一=日本のリーダーを目指すとし、継続して努力することを誓った。
   ◇   ◇   ◇
父親の影響もあって、小学生時代から広島カープの大ファンだ。「これくらいサービスしないといけないかと思って」。岸田氏は元カープのエース、黒田博樹氏(45)のユニホームを羽織り、チームカラーの赤色のマスクと、サービス精神にあふれる姿で登場した。 前回18年総裁選でポスト安倍の有力候補と目されながら、安倍晋三首相(党総裁)の3選を支持。今回も当初は、首相から後継を期待されたが支持を見送られ、主要派閥はこぞって菅氏支持に回る結果になった。 「いろんなことがありましたが、1つ1つ挙げてもきりがないし、政治の世界ですから、いろんなことがある。そう思わないといけないと思う。引き続き、前向きに生きることが大事だと思っています」 厳しい戦いを迫られている自身を、カープのこれまでの道のりに重ねた。 「何度か日本一になった後、厳しい時代が続いたし、最近はリーグ3連覇を果たしたが、日本一にはならなかった。人生はいいことばかりではない。カープの歴史を見れば、よくない時の方が圧倒的に多い。必ずや近いうちに、日本一になれると思っています。日本一を目指して頑張ってもらいたいですし、自分自身もその姿に重ねてしっかりと努力していきたい」。