江頭2:50、大川興業を退所 HPで感謝の言葉

視聴回数3,269,471

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

お笑い芸人、江頭2:50(55)が所属の大川興業から退所した。
大川興業のホームページに「江頭2:50は、9月末日をもちまして、所属事務所である大川興業株式会社を退所いたしました。在籍中、長年にわたって応援してくださった皆様、お仕事でお世話になりました皆様、誠にありがとうございました」と感謝の言葉を述べている。
江頭は今年2月1日にYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」を開設。爆発的な人気を呼んで、1日現在で216万人が登録している。
江頭は九産大中退後、88年に大川興業入りして、コンタキンテとお笑いコンビ、男同志を結成。当初は、九州のローカルタレントのばってん荒川にあこがれて、バッテン江頭と名乗ったが、大川興業の大川豊総裁が「酒が入るとコイツ深夜の2時50分になると変身する」といって江頭2:50と命名した。
97年に解散してピン芸人に。同年、トルコで3000人以上を前に、全裸パフォーマンスを見せて逮捕され、罰金刑を受けた。
01年には自民党総裁選をまねた初の大川興業総裁選で、現職の大川豊(58)を破り当選。06年まで務める。実施したところ、江頭2:50が総裁に選ばれてしまうという珍事だった。
08年8月16日の吉田沙保里が金メダルを獲得した北京五輪レスリング女子55キロ級の中継で、観客席で金色の全身タイツで応援する姿が映り、瞬間最高視聴率32・8%(関東地区)を記録した。
座右の銘は「ワンクールのレギュラーより1回の伝説」。放送コードに縛られない暴走でテレビにはめったに出なかった。