巨人“おなかキャッチ”でM19、一塁と三塁お手玉

視聴回数1,206,130

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<阪神4-7巨人>◇3日◇甲子園
巨人が“おなかキャッチ”幕切れで、優勝マジックを19とした。
7点リードの9回に4点を返され、守護神デラロサを投入。阪神北條を内野フライに打ち取ったが、一塁手のウレーニャと三塁手の田中俊が交錯。互いにグラブでボールを捕球できないお手玉状態になったが、最後は倒れ込んだ田中俊の腹から右脇の付近でボールが止まり、グラウンドには落ちずに3アウト。試合終了となった。