藤井2冠「あまり実感はない」八段昇段も最年少

視聴回数2,009,312

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負の第4局は19、20の両日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で指され、後手の藤井が木村を破り、4連勝で史上最年少2冠を獲得した。史上最年少での八段昇段の記録も同時に達成した。
勝負を大きく左右したのは藤井の1日目の終了時の42手目の封じ手だった。必然手は後手2六飛だが、藤井はすぐに封じ手を宣言せず、定刻を過ぎても考え続けた。必然手以外の驚きの1手があるのか…。相手を疑心暗鬼にさせる「長考」だった。2日目の朝に再開時の判明した封じ手は「後手8七同飛成」。飛車を切り捨てる驚きの1手だった。無難な手を選ばず、積極的に踏み込んだ。
激戦を制した藤井は常識破りの封じ手について「勝負しようと思った」と振り返った。
最年少2冠については「あまり実感はない。7番勝負でいい経験ができた。この経験を生かして、頑張っていきたい」と話した。