斎藤佑樹涙の現役最終登板 「僕が持っているのは・・・・」

日刊スポーツ

日本ハム斎藤佑樹投手が17日のオリックス戦で、7回無死から2番手で現役最後のマウンドに立った。
入団当初に使っていた登場曲でベンチを出ると、大きな拍手に包まれた。
マウンドで集中し、1球目は外角129キロ直球でストライク。
最後はカウント3-2からの7球目が外角に外れ苦笑い。
ここで交代となり、日本ハムベンチは選手全員が拍手を送った。
斎藤は目を潤ませ、スタンドのファンに手を振ってベンチヘ戻った。
試合後にはセレモニーが行われ、ファンにあいさつ。
「斎藤は、持っていると言われたことがありました。でも本当に持っていたら、いい成績も残せたでしょうし、こんなにけがもしなかったはずです。ファンの皆さんも含めて、僕が持っているのは、最高の仲間です。皆さんと過ごした時間は僕の一生の宝物です。長い間、本当にありがとうございました。きっとまたお会いしましょう」