仙台育英・島貫主将が3分超宣誓「2年分の甲子園」

視聴回数620,063

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<センバツ高校野球:開会式>◇19日
心に残る宣誓で2年ぶりの球児の春が幕を開けた。第93回選抜高校野球大会の開会式。仙台育英(宮城)の島貫丞(じょう)主将(3年)が選手宣誓の大役を果たした。コロナ禍の困難であったり、東日本大震災から節目の10年、昨年のセンバツ中止。3分12秒の宣誓文にすべての思いを込め、言葉で「感謝」「感動」「希望」を届けた。
島貫主将 宣誓。今日ここに、高校球児の憧れの舞台である甲子園が戻ってきました。この1年。日本や世界中に多くの困難があり、それぞれが大切な多くのものを失いました。答えのない悲しみを受け入れることは、苦しくてつらいことでした。しかし、同時に多くのことを学びました。当たり前だと思う日常は、誰かの努力や協力で成り立っているということです。感謝。ありがとうございます。これは出場校すべての選手、全国の高校球児の思いです。感動。喜びを分かち合える仲間とともに、甲子園で野球ができることに感動しています。希望。失った過去を未来に求めて、希望を語り、実現する世の中に。そして、この3月で東日本大震災から10年となりました。日本、世界中に多くの協力や支援をいただき、仲間に支えられながら、困難を乗り越え、10年前、あの日見た光景から、想像できないほどの希望の未来に復興が進んでいます。これからの10年。私たちが、新しい日本の力になれるように、歩み続けます。春はセンバツから。穏やかで、鮮やかな春。そして1年となりますように。2年分の甲子園。一投一打に多くの思いを込めて、プレーすることを誓います。令和3年3月19日、仙台育英学園高等学校硬式野球部主将、島貫丞
雲ひとつない青空の下、島貫主将の力強い声が、聖地に響き渡った。スタンドからは温かい拍手が送られた。島貫主将は「ほっとした気持ち。たくさんの思いが重なる今大会で、みなさんに伝えられたと思う」とやり切った表情で話した。
第2試合で四国王者の明徳義塾(高知)との初戦に臨む。「難しい戦いになると思う。初戦の入りを大事にして、しっかり戦っていきたい」と力を込めた。