伊藤健太郎容疑者が釈放「一生かけて償います」

視聴回数316,141

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

29日に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された俳優伊藤健太郎(23)が30日、警視庁東京湾岸署から釈放された。この日朝、同署から送検されていた。
伊藤は午後8時10分ごろ黒のスーツ、ネクタイを着用して同署から出てくるとマスクを外し、まず、5秒ほど頭を下げた。そして「このたびは、自分が起こしてしまった事故のせいで、たくさんの方々にご迷惑をおかけしたことを深く反省しております。申し訳ありませんでした」と謝罪し、約13秒、深々と頭を下げた。
その後「そして、自分のせいでケガをしてしまった被害者の方々にも、これから、僕自身、一生かけてつぐなっていきたいと思っていますし、これからどのようにつぐなっていくべきか、しっかり向き合って考えていきたいと思っています。このたびは本当に申し訳ありませんでした」と言い、約18秒にわたり再度、深々と頭を下げた。
そして「失礼します」と言い2度、おじぎをして迎えの車に乗り込んだ。
伊藤は28日午後5時45分ごろ、東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目の都道で、バイクと衝突し、男女2人にけがを負わせたうえ、救護せずに現場から立ち去った疑い。女性は左足の骨を折る重症、男性は左腕を打撲した。
伊藤の車は衝突後、立ち去ったため、事故を目撃した別の車の男性が追跡。伊藤容疑者は現場に戻るよう促され、応じたという。
逮捕した原宿署によると伊藤容疑者は「バイクとぶつかった後に現場から離れてしまったことについては間違いありません」と容疑を認めている。