永野芽郁「地獄の花園」公開前に早くも続編要望「言ってくれない大人に圧」

視聴回数1,118,679

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

永野芽郁(21)が4日、東京・花園神社で行われた主演映画「地獄の花園」(関和亮監督、21日公開)のヒット祈願イベントで、公開2週間前から早くも続編を熱望した。
永野は、映画のタイトルにちなみ、同神社でヒット祈願を行った後「大ヒット祈願ということもあったので『大ヒットできますように』とお願いしましたけれど、全ての劇場が開いているわけではないので、全国の劇場が開いて『地獄の花園』を見て、笑ってもらえたらと願いました」と語った。4月25日から4都府県で3度目の緊急事態宣言が発出されるなど、感染拡大が続く新型コロナウイルスの収束を願った。
永野は、個人的に祈願したことを聞かれると「続編」と即答。「これは、もう、個人的な願いが強め。大人もまだ全然、言ってくれないので圧をかけておこうかと」と笑った。劇中で、OLとして働く裏で社内で展開される熾烈(しれつ)な派閥争いを戦いつつも、普通のOL生活に憧れている田中直子を演じ、人生初の特攻服姿で肉弾戦まで演じた。
共演の菜々緒(32)と話す中で「面白いから」と言われたことも明かした。その上で、永野は「(撮影中)国をまたいでやろうと言っていたので…ね。OLの中でやっていたけど、違う業種の人、出てきたら面白いよねと、身内で勝手にモロ上がっていたんですけど。世界中のOLを倒していくという。格好良いですよね」と続編の“世界展開構想”まで口にした。菜々緒は「(続編の希望は)撮影中、みんな、言っていたよ。気持ちはね、何なら、前のめりですよ…あとは、スタッフさん…ね」と永野と一緒に製作陣に圧をかけた。
永野は「凶暴な私は、きっとこの作品しか見られない。だから真面目にやったし、今までと違う私を見せられると思う。私は本当に、大きな声を出すのが苦手。監督に『無理、無理』と言っていた」と笑った。