伊勢谷友介被告が保釈、スーツ姿で頭下げ涙浮かべる

視聴回数7,716,732

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

大麻取締法違反容疑(所持)で8日に逮捕され、29日に起訴された俳優伊勢谷友介被告(44)が30日、警視庁湾岸署から保釈された。29日の起訴後、弁護人が請求した保釈を東京地裁が認める決定をした。保証金は500万円で、関係者が30日夕方に納付。同被告は午後7時半に正面入り口に姿を見せると「ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」とひと言、謝罪して4秒程度、深々と頭を下げると、関係者が運転した黒のワンボックスカーに乗って同署を後にした。
伊勢谷被告は頭を短く刈り、黒のスーツ、黒のネクタイに白のワイシャツを着用。頭を下げて報道陣の方を見据えると、目にはうっすらと涙が浮かんでいた。
起訴状によると、今月8日、自宅で乾燥大麻4袋(計約13・17グラム)を所持したとしている。伊勢谷被告は同日午後、警視庁組織犯罪対策5課の家宅捜索を受け、自宅に1人でいたところを現行犯逮捕された。リビングの机の引き出しから乾燥大麻4袋(計約20・3グラム、末端価格12万円相当)が見つかった。また吸引に使ったとみられるたばこの巻き紙が500枚、アルミホイルで自作したパイプなども押収され、灰皿に燃えかすも残っていた。
伊勢谷被告は逮捕当初「弁護士さんが来てからお話ししたいと思います」と認否を留保したが、翌9日には「大麻は自分が吸うために持っていたものです」と容疑を認め「日本で法に触れることは理解しています」と供述した。また「リラックスするために吸っていた」とも供述。吸引法については、乾燥大麻を手で砕いてたばこの葉と混ぜて、巻き紙に包んで吸っていたと説明していた。
25日には警視庁組対5課が、伊勢谷被告の尿を鑑定した結果、大麻の陽性反応が出たと明らかにした。所持していた乾燥大麻には、葉よりも幻覚成分が多い「バッズ」と呼ばれる大麻草の花の部分が多数含まれていた。同被告は尿鑑定結果を受け「所持していたのは大麻であり、大麻が検出されるのは当然の結果だと思う」とも供述、入手先は「黙秘する」とした。29日には捜査関係者が、伊勢谷被告が「昨年9月ごろから使用を再開した」と供述していることも明らかにした。