田中裕子6年半ぶり映画舞台あいさつ「ポップです」

視聴回数316,100

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

田中裕子(65)が6日、都内のTOHOシネマズ日本橋で行われた主演映画「おらおらでひとりいぐも」(沖田修一監督)初日舞台あいさつに登壇した。
田中が映画の舞台あいさつに登壇するのは、14年3月1日に都内で行われた映画「家路」(久保田直監督)以来6年半ぶり。田中は「こんばんは。田中裕子です。まだまだ、世の中がなかなか大変な中、映画館に見に来てくださり、足を運んでくださり、ありがとうございます」とコロナ禍の中、映画館に足を運んだ観客に感謝した。
田中は劇中で1人暮らしの75歳の桃子を演じた際の白髪から一転、黒髪になり、黒いジャケットにジーパン姿で登壇。ほほ笑みながら「この映画は、想像を超えてポップです。見終わったら、ちょっとでも弾けてもらったら、うれしいです」と語った。
「おらおらでひとりいぐも」は、55歳で夫を亡くした後、主婦業の傍ら執筆を始め63歳でデビューした作家・若竹千佐子氏の芥川賞受賞作の映画化作品。田中にとって、中年の独身女性を演じた05年7月公開の「いつか読書する日」以来15年ぶりの主演映画となった。劇中で、東京オリンピックが開催された1964年(昭39)に上京し、結婚した55年後、夫に突然先立たれ、75歳で孤独な1人暮らしの日々を送ることになった桃子を演じた。
劇中では、内から外に出た桃子の心の声“寂しさ”を演じた濱田岳(32)青木崇高(40)と宮藤官九郎(50)が、桃子の周りを動き回り、騒ぐ姿で内心を描くシーンが大きな見どころとなっている。また昭和の若き日の桃子を演じた蒼井優(35)と向き合い、自問自答するシーンも見せ場だ。
蒼井は、田中が演じる現代の75歳の桃子の脳内の声も担当しており、自分の撮影がない時も撮影現場で田中の芝居を観察していたという。田中は「ここにいるかという片隅に、照明さんかというくらい、そっといてくれて」と蒼井の現場での気遣いに感謝した。
映画の内容にちなみ、生活の中でも、ささやかな幸せは? と質問が出た。田中は「朝起きると、日めくりカレンダーをめくるというか、ちぎるというか…今日、大安ですよね」と日めくりカレンダーをめくるのが楽しみだと語った。その上で「時々、一粒万倍日って書いているのがあって、自分で勝手になんですが、いいことをすれば万倍で帰ってくるのかと思って、そういう日が良しと思ったりする、しょうもない話で」と言い、笑った。
田中は、初日に観客で埋まった客席を見上げると、目にうっすら涙を浮かべ、ほほ笑むなど喜びをかみしめている様子だった。