メルセデス涙の降板に宮本コーチ涙「上半身のコンディション不良」

視聴回数1,225,428

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<巨人8-0阪神>◇19日◇東京ドーム
巨人先発クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(26)が、2回の第1打席で代打を送られた。
初回は二塁打と四球で1死一、二塁のピンチを背負いながら、4番大山を併殺に打ちとり得点を与えなかった。2回も四球こそ与えたが無失点で、2回34球1安打無失点だった。
2回を投げ終わった後のベンチでは左肘付近を気にするそぶりも見られ、目に涙を浮かべながら宮本和知投手チーフコーチと話し合っていた。同コーチも助っ人左腕を抱き寄せ、目に涙を浮かべながら交代を決断した。
宮本コーチは、先発メルセデスの降板について「上半身(左ひじ)のコンディション不良のため大事を取って早めに交代させました」と説明した。