大坂なおみ2年ぶり4強、過去全敗ロジャースに勝利

視聴回数1,801,549

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<テニス・全米オープン>◇8日(日本時間9日)◇女子シングルス準々決勝
2度の4大大会優勝を誇る世界ランキング9位の大坂なおみ(22=日清食品)の勢いが止まらない。
過去3戦全敗だった同93位のシェルビー・ロジャース(米国)に6-3、6-4で勝ち、18年優勝以来の2年ぶりでベスト4に進出だ。
準決勝では同41位のジェニファー・ブレイディ(米国)と対戦する。対戦成績は1勝1敗。
すべての過去の対戦が、いくら大坂の実力が開花する前とはいえ、3戦全敗、1セットも奪っていなかった相手に、大坂が見事に打ち勝った。16年全仏8強の相手を、激しい打ち合いの末、突き放した。
今大会、5試合連続でセンターコートでの試合だった。4大大会の同一大会で、日本女子が5度のセンターコートに出場したのは、自身が19年全豪で記録しただけ。ただ、全豪時は2、3回戦が他のコートで、5試合連続となると初めての快挙だ。
全米のセンターコートは、収容人員約2万人の世界最大級だ。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で無観客だが、世界のプロテニス界、最大の舞台。そして、そこは大坂の庭となっている。
この勝利で14日に発表される最新世界ランキングでも7位以上の復帰が確定だ。4大大会で、4回戦を勝ち上がれば、もう優勝しかない。準々決勝以降で敗れたことはない。大坂が優勝へひた走る。
(写真はロイター)