レッズ秋山、2連敗で終戦 先発出場も4打数無安打

視聴回数474,078

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<ワイルドカードシリーズ:ブレーブス5-0レッズ>◇1日(日本時間2日)◇サントラスト・パーク
「1番左翼」で出場したレッズ秋山翔吾外野手(32)は、4打数無安打に終わった。
7回までレッズが1点ビハインドで、投手戦の展開だった。8回の4失点が響き、打線は2試合連続の無得点で2連敗。シリーズ敗退となった。
秋山は試合後「負けて終わるのは悔しい。ピッチャーは勝てるチャンスを残していてくれたし、ピッチャーが頑張っていて点が取れなかった中で、野手として出ていた以上は力不足を感じる」と唇をかんだ。
第1打席は1回、右腕アンダーソンの2球目の内角直球をスイングし、左飛で凡退。3回の第2打席は内角低めのカーブにバットを合わせたが、右飛に倒れた。2打席とも先頭打者で出塁ができなかった。
5回2死一塁の第3打席は内角高め直球を空振り三振。8回2死の第4打席は二ゴロだった。
9月は打率3割1分7厘で出塁率は4割5分6厘、5盗塁をマークしてチームのポストシーズン進出に大きく貢献。弾みをつけて臨んだが、ワイルドカードシリーズで敗退した。「負けて終わる悔しさがあるからこそ、ポストシーズンに勝ち残った時の喜びがあるんだなと。監督の言葉として響いたものがあったので、勝って喜び続けられるようなチームであり選手でありたいと改めて思いました」。気持ちを新たに、メジャー1年目の挑戦を終えた。(写真はAP)