仲里依紗、クレしん映画で「夢だったギャルの役」

視聴回数241,942

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

人気アニメ映画「クレヨンしんちゃん 謎メキ! 花の天カス学園」(4月23日公開)のアフレコが17日、都内のスタジオで行われ、仲里依紗(31)とフワちゃん(27)が声のゲストとして参加した。
仲は「子どもの頃、声がハスキーだったので、母から『しんちゃんみたいにしゃべらないで』と言われたことを思い出します。息子(7歳)も大好きでよく見ているんですけど、一緒に見ちゃいますね。チャンネルを替えようとする息子を止めるくらいに。今回は子どもの頃から夢だったギャルの役。思いっきりなりきりました」と笑顔で話した。
声優初挑戦のフワちゃんはヒップを向けてしんちゃんのブリブリポーズを披露。本番中にアドリブで「おなら、おなら、おなら…」を連発するひと幕も。「ずっとしんちゃんとおシリ合いになりたかった。めちゃうれしい。本人役だけど、おなかもスリムに描いてくれて、ありがとうね!」と声を張り上げた。
29作目の映画作品となった今回は、AIシステムで管理される「天下統一カスカベ学園」に、しんのすけたちが体験入学して混乱を巻き起こす。チョコレートプラネットの2人も声の出演をしている。