鈴木誠也、交渉には愛理夫人も参加 代理人「8~15球団」と接触

日刊スポーツ

ポスティング制度で米移籍を目指す広島鈴木誠也外野手(27)の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏が28日(日本時間29日)、オンライン取材に応じ、交渉経過について語った。現時点で接触しているチームを「8~15球団」としたうえで、各球団とのオンライン交渉には、鈴木のほか、愛理夫人も参加していることを明かした。
現時点でポスティングの交渉期限は米東部時間12月22日午後5時(同23日午前7時)の一方、現在、オーナー側と選手会が新労使協定を巡って折衝中。米時間12月1日までに妥結しない場合、オーナー側がロックアウト(機能停止)に踏み切ることが確実視されており、その場合、鈴木の移籍交渉も中断する。中断期間は換算されず、計30日が保証されているものの、新協定が締結しない限り、交渉は再開できないため、長期化する可能性もある。
それでも、同氏は「急がせるつもりはない。彼は金銭面以上に、安全に暮らせる街を望んでいる。実際に米国へ来て、キャンプ施設や本拠地を視察することになるだろう」と語った。また、鈴木は「勝てる球団」を希望に挙げており、今季、ポストシーズン争いを繰り広げたマリナーズ、パドレス、レイズのほか、再建に力を入れるカブスなどを軸に、争奪戦が進むことになりそうだ。