阪神木浪「必死」執念の後ろ向きダイビングキャッチ

視聴回数652,662

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<阪神5-1中日>◇25日◇甲子園
阪神木浪聖也内野手が執念のプレーを見せた。4回、先頭アルモンテの遊撃後方への飛球に、後ろ向きで飛びつきキャッチしたが、地面に顔から落ちる格好になった。
直後はしばらく起き上がれなかったが、プレーを続行。木浪は「とにかく飛んできた打球に対して必死にやった結果」と振り返り、体は「問題ありません」ときっぱり。矢野監督は「ああいう首とかって、ちょっと怖い部分が心配にはなるし」と思いやり「アウトにしている内容の中身が良くなっている」とたたえた。