免許取り消し処分に異論!市も警察も立ち会う中の発砲でクマ駆除…猟友会支部長が提訴

UHB北海道文化放送

北海道ニュースUHB TimeLine

 提訴したのは、北海道猟友会砂川支部長の池上治男さんです。
 池上さんは2018年8月、砂川市の出動要請を受け、市職員と警察官の立ち合いの下猟銃を発砲しコグマを駆除ましたが、2019年4月道公安委員会が池上さんの発砲に問題があったとして、猟銃免許を取り消しました。 
 池上さんは、この取り消し処分を不服として提訴しました。