関係者への取材で明らかに…新型コロナ感染した札幌の男性"1月に大阪府内の会合へ出席" 北海道も行動歴確認

視聴回数1,012,906

※ 視聴回数について
UHB北海道文化放送

北海道ニュースUHB TimeLine

 新型コロナウイルスに感染し、治療を受けている北海道札幌市居住の男性が1月中旬ごろ、大阪府内で開かれた会合に出席していたことが分かりました。
 札幌市内に住む自営業の50歳代の男性は、肺炎などの症状で、病院で治療を受けていましたが、2月14日、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 男性は人工呼吸器で呼吸管理をする重篤な状態で、これまで、行動歴の確認ができていませんでしたが、関係者によりますと、1月中旬ごろ、大阪府内で開かれた会合に出席していたことが、新たに分かりました。
 道では男性周辺の43人の濃厚接触者について、新型コロナウイルスに感染していないか、確認を進めていますが、今のところ、検査で陽性反応が出た人はいないということです。
 道などで引き続き、男性の行動歴の確認を進めています。