"新型コロナ"による減便を控えた新千歳空港 さらにガラガラ状態に…北海道を襲った大雪で欠航相次ぐ

視聴回数4,205,079

※ 視聴回数について
UHB北海道文化放送

北海道ニュースUHB TimeLine

 3月5日、北海道に降り続ている大雪の影響で、交通機関にも影響が広がっています。
 JR北海道は、札幌と帯広や釧路を結ぶスーパーおおぞらやスーパーとかち、札幌と網走を結ぶオホーツクなど、道東・道北方面を中心に5日午前11時現在、特急28本を含むあわせて125本の運休が決まっています。
 新千歳空港では6日から新型コロナの影響による減便が始まるのを前に、5日朝から雪による欠航が相次いでいます。
 道内便を中心に5日午前11時までに91便の欠航が決まっていて、今後もさらに増える恐れがあります。
 また道路状況の悪化により事故も増えています。
 札幌では5日未明、乗用車が横転する事故があり2人がケガをしました。
 警察はドライバーに注意を呼び掛けています。