スピード違反取り締まり中に証拠偽造10人に違反切符…北海道警58歳警部補を逮捕 ほか37人被害か

視聴回数1,718,032

※ 視聴回数について
UHB北海道文化放送

北海道ニュースUHB TimeLine

車のスピード違反の証拠を偽造し、交通違反切符を切ったとして北海道警察の警察官が逮捕されました。
 証拠偽造や虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕されたのは、北海道警察本部 交通機動隊の警部補 吉本潤容疑者(58)です。
 吉本容疑者は2019年8月から2020年5月にかけ、石狩や胆振地方で車の速度の取り締まり中、パトカーに搭載された速度を計測するレーザーを不正に使って対象の車が速度違反をしたとうその記録を作り、10人に対し違反切符を切った疑いが持たれています。
 北海道警は今後10人から納付された違反金の返還を進めるとともに、ほかに37人にも同様の方法で違反切符を切っていたとみられています。
 調べに対し吉本容疑者は容疑を認めていて、北海道警は動機や余罪など詳しく調べています。