1時間で11センチ 札幌で大雪警報…"視界不良"で交通事故相次ぐ 日本海側を低気圧通過

視聴回数172,999

※ 視聴回数について
UHB北海道文化放送

北海道ニュースUHB TimeLine

 北海道内は低気圧の影響で2020年2月6日昼前にかけて日本海側南部を中心に、雪を伴い風が非常に強く暴風雪や大雪に警戒が必要です。
 北海道付近は2月5日夜から6日朝にかけて日本海側を低気圧が通過する見込みで、6日未明から、昼前にかけて雪を伴い北西の風が非常に強くなる見込みです。
 予想される最大瞬間風速は日本海側南部の陸上で35メートル、海上で30メートルとなっています。
 また6日夕方までの予想降雪量は、日本海側南部の多いところで50センチ、太平洋側西部で30センチとなっています。
 札幌では大雪警報が出されていて午後6時からの1時間に11センチの雪が降りました。
 札幌市内では視界不良による交通事故も相次いでいて警察は注意を呼び掛けています。