舞鶴・護衛艦「まつゆき」除籍 自衛艦旗返納式

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

海上自衛隊の護衛艦「まつゆき」(3050トン)が7日、老朽化のため除籍され、舞鶴市の北吸岸壁で自衛艦旗を返納する式典が開かれた。
 「はつゆき」型9番艦として1986年3月に広島県呉市で就役。試験航海中だった85年8月には、墜落した日航ジャンボ機の垂直尾翼を発見して当時の中曽根康弘首相から感謝状を受け、95年の阪神・淡路大震災では被災者救助に従事するなど幅広く活躍した。2010年3月に舞鶴へ移っていた。総航程は79万3500キロ。
 この日は乗組員らが見守る中で旗が降ろされ、伊藤弘・舞鶴地方総監が訓示で労をねぎらった。28代目で最後の艦長、原弘章2佐は「地球約40周分を35年間で駆け抜け、常に動き回り、働き続けてきた。海自で一番強い船でした。86年3月に入隊した私にとっては『同期』。最期をみとらせてもらったのは船乗り人生で最良のことでした」と話した。
 式典後は、船体の艦名と艦番号を消されて港内に係留された。今後の処遇は未定という。