地上100m超「天空の対局場」 藤井聡太竜王のホーム名古屋に誕生

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

日本将棋連盟が新設した「名古屋将棋対局場」(名古屋市中村区)が21日、報道陣に公開された。将棋会館(東京都渋谷区)と関西将棋会館(大阪市福島区)に続く第3の常設対局場となり、22日の第81期名人戦・順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)のA級・藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、王将、棋聖と合わせ五冠=対佐藤康光九段(52)戦など2局から公式戦としての使用が始まる。
 眼下に広がる名古屋の街並みには、テレビ塔やナゴヤドーム、金のしゃちほこが輝く名古屋城の姿も見える。地上100メートル超の「天空の対局場」がお披露目された。