パスポートなし「顔パス」で国際線に 成田・羽田で実験

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

成田空港と羽田空港で、顔認証システムを利用した「顔パス搭乗」の実証実験が始まった。国際線に乗る際、パスポートや搭乗券を提示しなくても搭乗ゲートなどを通過できるようにするための実験で、混雑緩和や定時運航、非対面手続きによる新型コロナウイルス感染拡大防止などの効果が期待される。両空港では、一般客向けには7月から一部で運用が始まる予定だ。
 成田空港で13日、搭乗客役のスタッフらによる実証実験の様子が報道陣に公開された。まず、自動チェックイン機で顔認証を使うか使わないかを選択。顔認証を選ぶと顔写真が撮影され、パスポートに埋め込まれているICチップの顔写真のデータとの照合で本人かどうか確認される。
 その後は、パスポートや搭乗券を提示しなくても、カメラに顔を向けるだけで自動手荷物預け機を使えたり、保安検査場入り口や、飛行機に乗り込む搭乗ゲートを通過できたりする。ただ、マスクは外す必要がある。また、出国審査のシステムは、この顔認証とは連動していない。
 成田空港では全日空と日本航空の各1カ所のチェックインカウンターから、羽田空港では両社を中心に9カ所のチェックインカウンターから導入され、順次、この手続きが使える場所を増やしていく方針だ。