「汚された」学校、酒瓶が散乱…ロシア軍の撤退後に残された深い爪痕

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

ロシア軍がウクライナに侵攻してから、24日で3カ月となった。首都キーウ(キエフ)周辺からは3月末に撤退したが、進軍ルートには今も、その爪痕が深く残る。子どもたちのまなびや、林の塹壕(ざんごう)……。痕跡をたどった。