ネコの「うんち」みたいな花火、火をつけるとおしりから…動物愛護への思い

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

火を付けると、黒い燃えかすがもりもりもりっと伸びあがってくる。そんな花火の「へび玉」を用い、ネコの「うんち」に見立てた商品を、名古屋市の玩具店が販売している。見た目のインパクトが強烈だが、ネコや犬の殺処分ゼロに向け、動物愛護につなげたいとの思いも込められており、快便ならぬ快調な売れ行きだという。