純白のアピール シロクジャク人気 岩手の牧場

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

岩手県一関市の「館ケ森アーク牧場」で、シロクジャクが人気だ。繁殖期を迎えたオスがメスの気を引こうと、純白の飾り羽根を目いっぱい広げる。
 春から夏先にかけて見られる行動で、繁殖期が終わり、メスが見向きもしなくなると、オスの飾り羽根は抜け落ち、来春に向けて生え替わる。飼育員の広田和秀さん(37)は「コロナ禍で厳しい時期を迎えているが、自然や動物の美しさを多くの人に楽しんで頂けたら」と話す。
 連休中はチューリップを楽しむ親子連れで賑わった。奥州市から3歳の娘を連れて訪れた遠藤香菜子さん(32)は「娘がチューリップの歌を覚えたので、一緒に歌いながら楽しんで見ています」。