283m先の的を足で射抜く弓の名手 ギネス記録を持つパラアスリートの実力

朝日新聞

朝日新聞デジタル

技―WAZA―
 人は彼をこう呼ぶ。アームレス・アーチャー。
 生まれつき腕のないアーチェリー選手が駆使する技が、「足射(う)ち」だ。
 マット・スタッツマン(37)=米国=は足の指を手のように使って弓に矢をセットし、足で50メートル先の的を射抜く。独特な射法から繰り出す矢の勢い、精度はトップレベルだ。
 2015年には世界アーチェリー連盟が定める条件下で最も遠い的を射抜く記録に挑戦。健常者を上回り、約283メートルのギネス記録を打ち立てた。
 「僕は全てのことを足でやる。足が手なのです」
 なぜ、高いパフォーマンスを発揮できるのか。