被災把握にDX 早く安全「一石数鳥」 九州地方整備局がめざすのは

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

頻発する災害からの復旧には被害の把握が欠かせない。だが、現場の調査には危険が伴い、時間もかかる。国土交通省九州地方整備局(九地整)は全国に先駆けて、この分野へのデジタルトランスフォーメーション(DX、デジタル化による変革)を進める。安全で早く、便利で経費削減にもつながる「一石数鳥」の取り組みとして、全国から注目が集まっている。