高速で対向車にレーザーポインター 容疑のトラック運転手を書類送検

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

東名高速でレーザーポインターを照射したとして、愛知県警は7日、大阪市のトラック運転手の男(61)を道路交通法違反(道路における禁止行為)の疑いなどで書類送検した。「対向車のライトがまぶしかった。相手に知らせるつもりで照射した」と容疑を認めているという。
 高速隊によると、男は9月12日午前1時5分ごろ、東名高速上り線の豊川インターチェンジ付近で大型トラックを運転中、下り線を走る車に向けて、運転者の視覚を幻惑するようなレーザーポインターの光をみだりに投射した疑いがある。
 県警の調べに、男は約7年前にレーザーポインターを友人から5千円で購入し、元々は鳥などに当てて遊んでいたと話しているという。レーザーポインターは光の強さでクラス1~4に分類され、男が持っていたものは中国製で、直視すると目に影響を与える恐れがあるため販売が規制されている「クラス3」以上にあたるとみられる。
 被害の様子を映したドライブレコーダーの映像が報道され、県警が捜査していた。男の勤務先の関係者からも情報提供があったという。
 レーザーポインターを照射された車を運転していた男性は「『なんでこんなことをするのか』という思いと同時に、怒りを感じた。容疑者が検挙され、今後の大事故につながる行動を防げたと思うので、良かったと思う。レーザーポインターは業務以外で使うことがないと思うので、購入の規制を強めて欲しい」と話した。