鶏胸肉、におい抑える料理法 きじまりゅうたさんのコツ

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

料理研究家のきじまりゅうたさんが、簡単レシピを動画で丁寧に教える「親子で挑戦!きじまりゅうたのおうちごはん!!」。
 今回は安くてたんぱく質豊富な鶏胸肉を使った簡単レシピ(全3回)です。人気だけど、料理法を間違えるとおいしさ半減。そんな少し気むずかしい鶏胸肉の悩みを解決する方法をきじまさんが教えます。
 動画では、「医療記者のダイエット 最新科学を武器に40キロやせた」の著者でもある朽木誠一郎記者が聞き役になり、料理の合間にできるお手軽筋トレメニューも披露します。ぜひご覧ください。
 1回目は「鶏胸肉とキャベツのショウガ炒め」。鶏肉独特の臭みをショウガで抑え、野菜もたっぷり入った炒め物に仕上げました。野菜炒めにありがちな水っぽさや焦げ、生焼けを防ぐ裏技も。
【材料(2人分)】
鶏胸肉:小1枚(250g) 
キャベツ:1/4個(300g) 
玉ねぎ:1/2個
粗びき黒コショウ:少々
サラダ油:大さじ1/2
A しょうゆ:大さじ1.5
酒:大さじ1
おろしショウガ:大さじ1/2
【作り方】※詳しくは動画で
①鶏肉は皮を除いて、観音開きにする。
②縦半分に切ってから、1センチ幅の細切りにする。
③ボウルなどに入れてAを絡めておく。
④玉ねぎは繊維と平行向きに5ミリ幅の薄切りにする。
⑤キャベツは5センチ角のざく切りにし、袋に入れて、レンジに2分ほどかける。
⑥フライパンに油をひいて中火にかけ、鶏肉をいれてほぐしながら炒める。
⑦玉ねぎとキャベツを加えて更に炒める。器に盛り、コショウをふる。