公立小でもオンライン、まず朝の会から 先生はスマホで

視聴回数1,783,815

※ 視聴回数について
朝日新聞社

朝日新聞デジタル

 「あ……いっぱい来た、いっぱい来た!」
 4月16日の朝、埼玉県越谷市の市立新方(にいがた)小学校。机に置いた大型テレビモニターの前で、6年1組担任の吉野学之紀(たかゆき)先生(35)がみるみる笑顔になる。1人、また1人。子どもたちの顔がモニターに映しだされ、25人の顔が並んだ。
 「おはようございます。それじゃあ出席を取ります」。吉野先生が名前を呼ぶと、手を挙げて「はい!」と答える子どもたち。きょうだいや父、母と一緒に笑顔を見せる子も。モニター越しに誰かの家から犬の鳴き声が聞こえる。
 数人ずつに分かれて「休校中に取り組んだこと」を話し合い、すぐに20分強が過ぎた。タブレットで参加した小島千渚(ちなつ)さん(11)は「友だちや先生の顔が見られて、声が聞ける。うれしいです」。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校が続く中、同校が新年度からテスト運用している、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」による「朝の会」だ。支援学級を含め計8クラスの小規模校。校長室と教育相談室にモニターを置き、2クラスずつ実施した。参加率が3割ほどだった初回から、3回目のこの日は約7割に上がった。
 オンラインでの子どもと先生のやりとりは、公立小では、熊本市などICT(情報通信技術)機器の導入が進む限られた地域を除くとまだ珍しい。