小型ヘリが墜落、男性1人死亡 神奈川・秦野、畑に横倒し

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

7日午前6時50分ごろ、神奈川県秦野市今泉で小型ヘリコプターが墜落した。県警によるとヘリは大破しており、操縦していたとみられる男性1人が病院に搬送されたが、死亡が確認された。国の運輸安全委員会は同日、事故調査官を現地に派遣することを決めた。
 県警秦野署によると、住民から「ヘリコプターが下りてきて見えなくなった」などと複数の通報があった。機体は右側を下にして尾翼部分が折れるなど、大破していたという。現場は小田急線秦野駅から南西に約1・5キロで、畑や山林が広がる一帯。巻き込まれた人はいないとみられるという。
 国土交通省によると、墜落したヘリは個人所有の「ロビンソン式R22ベータ型」(定員2人)で、同県大井町を午前6時35分ごろ離陸し、千葉県木更津市に向かっていた。