中秋の名月、丸々と輝く  8年ぶりの満月

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

21日夜、8年ぶりに満月となった中秋の名月が見られた。国立天文台によると、月の満ち欠けを元にした旧暦の7~9月を秋とし、その真ん中の8月15日を中秋と呼んだ。ちょうど空気が澄む時期で、月見の習慣ができた。今年は9月7日が新月で、15日目の21日が中秋となる。
 ただ、月は楕円(だえん)軌道で回っており、実際に月が新月から満月になるまでは13・9~15・6日と一定ではない。このため、新月から15日目の月が必ずしも満月になるわけではない。
 中秋が満月となったのは2013年以来。今後3年間は満月が続くが、その後はまた満月でなくなり、再び満月になるのは30年という。