西国の「敵」に備えた「鉄板」が復活 ドローンで撮った福山城

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

8月に築城400年を迎える福山城(広島県福山市)で市が進めてきた外観の改修が終わり、新たな天守の姿が見えてきた。北側の壁にはかつて施されていた鉄板張りが再現されている。一般公開を前に、市の許可を得てドローンで上空から撮影した。