桜色でほんのり甘い、津軽のおいなりさん ハレの日に込める思い

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

弘前公園や芦野公園など多くの桜の名所がある青森県津軽地方。地域に伝わる「いなりずし」は、桜色でほんのり甘い。そんなふるさとの味を、五所川原市の津軽鉄道・津軽五所川原駅前のコミュニティーカフェで、気軽に楽しめる。
 「津軽では昔、砂糖が貴重で『甘いもの』がごちそうでした。だからハレの日に出されるおいなりさんも、ここでは甘くなったのではないでしょうか」
 駅前のカフェ「でる・そーれ」の代表、渋谷尚子さん(65)は言う。