高級サクランボ1箱60万円、1粒4万円の初競り

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

高級サクランボ「ジュノハート」の初競りが25日朝、青森県八戸市中央卸売市場であった。粒の大きい上位等級品「青森ハートビート」には、15粒入り1箱で60万円の高値がつき、会場にどよめきが起きた。
 ジュノハートは国産サクランボで最大級の大きさを誇り、中でも青森ハートビートは1粒の直径が31ミリ以上の特上品だ。
 この日は約50箱が競りにかけられた。深い赤色に輝く青森ハートビートは、競りで価格がどんどん上がり、昨年の45万円を追い越し60万円に達した。1粒あたり4万円の価格が決まった瞬間、会場から「おお!」と声があがった。