タオルで素振り動画も配信 勝みなみ、ノウハウを披露

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染拡大で、スポーツの大会、試合が軒並み中止、延期になっている。練習すら制限される中、できることを模索する選手たちの「いま」をオンライン取材などを通じ、紹介する。
 タオルを四つ折りにし、先端に髪留めのゴムを巻き付けて、ゴルフクラブの代わりに振る。タイミング良くしっかり振れていれば、良い音が出る――。
 女子プロゴルファーの勝みなみ(21)が大会中にホテルでも行う練習法だ。4月下旬、それを映した動画を通して、新型コロナウイルス対策に取り組むユニセフへの寄付を募り始めた。
 勝は3月から、自身のノウハウを惜しげもなく教える動画を配信している。アマチュアとコースを回って技術や攻略法を教えたり、自身のクラブへのこだわりを語ったり。練習やラウンドを撮り続けた動画もある。ゴルフ初心者にもわかりやすく、また、プロが言うだけに説得力もある。国内ツアーの開幕に合わせて配信する予定だったが、見通しが立たず、「ファンのために」と前倒しした。