アジサイ寺に響く鐘の音と「コケコッコー」 まるであの絵の世界観

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

「アジサイ寺」として知られる、京都府福知山市の観音寺。境内を彩るアジサイが人気の古刹(こさつ)だが、この寺にはもう一つ人気を集めるものがある。境内で見られるその姿は「まるで、あの絵のようだ……」と、数年前から訪れた人らの間で話題となっている。
 毎年6月。梅雨時期になると、境内に植えられた100種1万株のアジサイが色づき青や紫、白色などの色彩が寺の伽藍(がらん)を彩る。しっとりとした風景に響く鐘の音、に続いて「コケコッコー」というけたたましい鳴き声が響き渡る。
 同寺では9羽のニワトリを境内に放し飼いにしている。観賞用のニワトリで尾が長くて羽の色合いも美しく、寺の和の雰囲気ともマッチし、独特の世界観を醸し出す。アジサイの間で動き回る姿は「奇想の画家」として近年人気の江戸時代の画家、伊藤若冲が描いた「紫陽花(あじさい)双鶏図」の世界観だ。