銀世界の森で、エゾリス「もぐもぐタイム」 札幌

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

厳冬期を迎えている札幌市の森林で、朝から元気に駆け回るエゾリスの姿があった。一面銀世界なので、目にとまりやすい。
 エゾリスは冬眠をしないため、餌が不足する冬に備えて、木の実を地面の下に埋めたり、樹上に隠したりして貯食をしている。
 時折、雪の中に頭を突っ込んでエサを掘り起こすと、木の上まで駆け登り、ゆっくりと食べる姿が見られた。