なまはげ「泣く子はいねぇが~」戦後から? コロナでも変わらぬ存在

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

秋田を代表する冬の伝統行事・なまはげ。新型コロナウイルスの感染拡大で全国の伝統行事が制約を受けるなか、なまはげはコロナでどのような影響を受け、今後の開催はどうするか。観光イベント「なまはげ柴灯(せど)まつり」が開かれる真山神社の宮司であり、男鹿市観光協会の会長でもある武内信彦さん(70)に聞いた。