「いっペン、ギンしゃい。」見上げればそこに 福岡市動物園

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

福岡市動物園で18日、「いっペン、ギンしゃい。」をキャッチコピーに、ペンギンエリアがリニューアルオープンした。深さ4メートルの大型プールでは、頭上を泳ぐペンギンの姿を真下から見ることができる。
 ペンギンエリアは約1900平方メートルの敷地に、人工的に水が流れる大小二つのプールや、ペンギンについて学べる解説棟などがある。小プールは水槽越しに水中、水上どちらも間近で観察できる。飼育されている32羽のフンボルトペンギンが、生き生きと泳ぎ回っていた。エリア内はウォークスルー型の園路になっており、ベビーカーや車椅子でも見学できる。将来的にはペンギンが歩くイベントなども想定しているという。