淡路島ソフトつくる牛型ロボ おしゃべりもできるよ 淡路SA

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリア(兵庫県淡路市)上り線で、ソフトクリームをつくってお客さんに渡す牛型ロボットがいる。その名も「ウシくん」。スマホを向ける人も多く、売り上げにも貢献している。
 フードコートにいるウシくん。淡路島牛乳のミルクソフトクリーム(税込み350円)の注文が入ると、従業員からコーンをもらったウシくんが、1個当たり27秒間で巻き上げる。そのままソフトクリームを渡してくれるので、人の接触が抑えられ、新型コロナの感染対策にもつながる。
 ウシくんは人の動きに反応して「みんなに食べてほしいな」「おいしいよ」「またよろしくね」など、20種類以上のセリフをしゃべる。「かわいい」「すごい」と驚き、スマホで動画や写真を撮る人も多いという。
 「コロナ禍でも明るい話題を提供したい」。フードコートの運営会社が東京の会社から購入し、7月下旬からお目見えした。売り上げは前年の同じ時期に比べて1、2割ほどアップ。担当者は「これからソフトクリームの売り上げが減る季節になるけれど、ウシくん効果で、多くの方に食べに来てもらえたら」と活躍に期待している。(森直由)