大林監督、最後に愛注いだ女優 遺作制作の1シーン

視聴回数1,639,366

※ 視聴回数について
朝日新聞

朝日新聞デジタル

大林宣彦監督は女優を育てる名人だった。小林聡美、原田知世、石田ひかりらを主役に抜擢(ばってき)し、それぞれ異なる個性を開花させた。そして最後に愛情を注いでいたのが、山崎紘菜だった。3月31日、山崎は大林監督の遺作となった出演作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」について、朝日新聞の取材に応じていた。
 出会いは2011年、「この空の花―長岡花火物語」。山崎はデビュー間もない高校生だった。「初めてのセリフのある役でした。オーディションでなぜか泣いてしまったんです。それを『いいね』と言って下さって」
 以来、14年の「野のなななのか」と17年の「花筐/HANAGATAMI」、そして今回の新作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」まで、4作連続で大林映画に出演している。
 「お父さんのような存在です。私の成長を見てほしいという欲があります。今回、『大人になったね』と言ってもらえてうれしかった」
 「海辺の映画館」では五つの役を演じ分けた。ミュージカルあり、時代劇あり。広島の原爆に散った劇団「桜隊」の女優も演じている。「どの役にも愛着がありますが、特に沖縄のパートは思い入れがあります」
やまざき・ひろな 1994年、千葉県出身。2011年、東宝シンデレラ審査員特別賞。主な出演映画に「チア☆ダン」「スタートアップ・ガールズ」など。ハリウッド映画「モンスターハンター」の公開も控える。「海辺の映画館」は公開日未定。