うつむく岡庭容疑者、殺人容疑で送検 茨城一家殺傷事件

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

茨城県境町の住宅で2019年9月、夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は9日朝、夫婦に対する殺人容疑で逮捕した岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)=埼玉県三郷市=の身柄を水戸地検に送った。
 岡庭容疑者の逮捕容疑は、19年9月23日午前0時40分ごろ、2階の寝室で寝ていた会社員の小林光則さん(当時48)と妻でパート従業員の美和さん(同50)の首や胸などを刃物で複数回刺し、殺害したというもの。県警は岡庭容疑者の認否を明らかにしていない。
 寝室から廊下を挟んだ子ども部屋では、当時中学1年の長男(14)が両腕や両足を切られ重傷を負い、小学6年だった次女(13)は両手に催涙スプレーをかけられ軽傷を負った。
 茨城県警は、岡庭容疑者と小林さん一家との接点はなかったとみている。
 岡庭容疑者は9日午前8時50分過ぎに境署を出た。髪を短く切り、少しやせて見えた。表情はマスクでほとんど見えず、うつむいたまま水戸地検に向かう車に乗り込んだ。